『BABYBABYBABY! -ベイビィ ベイビィ ベイビィ-』映画鑑賞日記

ドラマ「ナースのお仕事」は女性にエール!

「あさくらーーーーーっ!」「せんぱーーいっ!!」の掛け声でお馴染みの『ナースのお仕事』は、観月ありさと松下由樹の掛け合いが最高で朝倉の天真爛漫な姿と大食いに、徹底的にコメディとこれってドリフ?と見間違うぐらいの笑いが満載のコメディドラマで大人気です。

大人気だからこそシリーズも4まで製作されたほか、スペシャルに映画にと製作されています。最後のスペシャルが2014年の2夜連続の離島編に再開編なので、これまた続きが気になるところであります。ドラマも人気があればこそ、視聴者は次が見たい。と次作を心待ちにしますが、コメディだけではなくてドラマコンセプトに『働く女性を応援する』というのが根底に流れているので、コメディたっぷりでありながらも、医療現場で人の命をあずかる責任重い仕事も取り上げられているのがまた人気の秘密だと思います。

おすすめ映画!

多くの卒業生が残してきた社会での実績と信用によって医療事務 専門学校では高い正社員就職率が築かれています。
ファミリー型、ワンルーム型、ペットっと共生型、インターネット設備など…ご要望はすべてお知らせください!伊勢崎 賃貸が全力でサポートいたします!

女性を応援

「ナースのお仕事」は医療現場が舞台です。医療現場でありながらもシリアスドラマではなく、コメディタッチで笑いありの楽しいドラマ展開になっています。以前は看護婦と「婦」が付いていたぐらいに女性ばかりの看護現場で、女性が集まると当然ながら軋轢もあったりと女性ならではのちょっとしたいざこざなどもありますが、それをコメディにしてしまえば笑いになります。

看護師の仕事は責任も重く、そして24時間でシフト勤務だったりそしてかなりのハードワークです。ハードワークのうえに命を預かるという責任もあり、とっても大変な仕事ではありますがやりがいもとっても多い仕事です。慢性的な看護師不足と言われている中で、「ナースのお仕事」を通じて看護師の仕事に興味を抱くだけでも、ドラマの功績は大きいと思います。

そして今回は「ナースのお仕事」でお馴染みのキャストとスタッフということで、「ナースのお仕事」と同じタッチで描くのは少子化の日本に出産というのを改めて考えるよい機会になったのでは。と思います。おなじみのキャストも、今回は患者さんという立場になっているのもユニークですが、病気ではないけれど人生の中でなかなかそう体験することがないそして男性が体験することができない『出産』をテーマにして、少子化の日本とママ仲間が面倒だな・・と思っている人たちに、ママ仲間も決して悪いもんじゃないよ。と感じる内容で、期間限定のマタニティライフはどのようなライフスタイルになっているのかを、紹介しているという意味でも必見です。

ドラマと同じく女性を応援しているというのが根底になって、そしてそれをシリアスではなくコメディタッチで描いてユニークにそして笑いをたっぷりと盛り込んで、子供を持つことなど全く考えていないひとりの女性がママになる過程が描かれています。

そして希望した妊娠ではなく、まさかの妊娠ですが彼女の周囲で取り巻く人たちとのかかわりを通じて成長する面もみられるので、出産についても考える良い機会になると思います。映画の作中の中には、子供が欲しいと不妊治療に通っている夫婦も描かれていますが、赤ちゃんが欲しくて治療に通う夫婦にもお互いの協力がなければ、不妊治療が進まない点なども改めて考えさせられます。妊娠⇒出産と10ヶ月に渡るマタニティライフの過ごし方についてもヒントが色々と詰まっている作品になっています。

コメディ映画情報

株式会社そらいろでプラスアルファの心地よさ。私達は親しみやすく信頼し合える、ふわふわ心地の良い仕事と結果を提供します。サイトのペナルティ解除をしてほしい!調査して欲しいという声に応えます。

『BABYBABYBABY! -ベイビィ ベイビィ ベイビィ-』映画鑑賞日記
出産するなら>>>